はるにえにっき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編み物



今年こそ、棒針をマスターしようと思い練習しています。
始めは本に載っていた指無し手袋を編んでみたのですが大苦戦。
ベースの糸と色糸を二本揃えて左手にかけるといった基本的な事が出来ず、難しかったです。
その手袋は妹の家に忘れて来てしまったので写真はありませんが、
二作目の小さいさんの指無し手袋の写真を載せます。
こっちは本は見ないで適当に作りました。
編み物はあまり気負わずにやった方が楽しいし、上手く出来る気がします。(私の場合は)

そもそも、私が編み物やら刺繍やらヘンプやらをやりたくなる時は脳が疲れている時なので、
本見て悩んでると余計に疲れてしまい逆効果です。


本当は編み物してる場合じゃないんだけどね。


ピンポン


引っ越しました。
座間から三鷹へ。
来年の春にお店を始めます。
問題は山積みなのに時間は少ししかないけれど、ひとつひとつクリアしていこうと思っています。
この状況を幸運であると信じ面白がれるように。

新しい家は一階が店舗、二階三階が住居です。
古い建物で床がキイキイと鳴きます。

大きな通り沿いに建っています。
窓から街の営みが見える。
座間の家の窓から見える景色は畑と点在する住宅と広い空でした。
それはそれで好きだったけれど、ここでは朝起きてから夜眠るまで雑多な物音と通り過ぎる人達の
息遣いを傍らに感じて、
不思議な安心感があります。

さて、この家には越して来た時ピンポンがついていなかったので、大変な苦労をしました。
ネットでピンポンを注文したものの、それを届けてくれる配達の方のノックが聞こえず、
不在通知→再配達→ノックが聞こえずスルー
を三度繰り返し、配達の方には本当に申し訳ない事をしました。
ついには貼紙をしてその旨を伝え、玄関前で電話をしていただき無事受け取る事が出来ました。
が、今度は買ったピンポンが小さくて、元のピンポンがついていた穴?に合わず、木で箱を作ってそこにピンポンを納めて取り付ける事にしました。
箱の製作にも四苦八苦しなんとか完成して取り付ける事が出来ました。


こんな感じなので、本当にお店のオープンに漕ぎつけるのか不安で一杯ですが、
日々、少しずつ出来る事をやっていこうと思います。

花火




この前、図書館で借りた「イヌイットの壁かけ」という写真集が素晴らしかった。
衣服に使う厚手のウール地にアップリケやステッチで、イヌイットの生活や神様の姿が描かれています。

アップリケの壁かけ作ってみたい。





今日も同じパターンで帽子を作った。
なんとなく「森」って感じにしようと思って生地を選んで、木の刺繍をしたところで、
ヘラジカの角をつけたら良いんじゃないかと思い始め、
立体でつけようか迷ったけど、
被ったところを想像するとかなり変だったので、
アップリケでつけました。


今日はベランダから花火が良く見えた。
米軍キャンプのお祭りだったみたい。
米軍キャンプは時々花火を上げている。
そして、うちのベランダから最高に良く見える。
うちの隣の部屋、借り手が見つからないようだけど、花火が見える部屋として貸し出せばいいのに。

アフリカ



夫の帽子。
アフロ湘南の衣装を作った時、余った布をいただきました。
アフリカの生地「カンガ」も少し残りましたが、
小さな端切ればかりなのでツギハギのデザインにして使いました。

アフリカのプリントは素敵だけど、発色が素朴な原色なので、
私が使っている他の素材と馴染みにくい。


でも、新鮮で面白いからまた使ってみようかな。

本当は大胆にたっぷり使う方がアフリカっぽくて格好良いと思うけど、
かなり派手な柄なのでアクセントに少し使うくらいがいいかもね。



ジャンベを叩いたり、カンガを縫ったりしてると、アフリカって貧しいんだよな...って事がいつも頭の片隅にある。

毎週、ジャンベを叩くけど、アフリカの貧困の事は良く解らないし、
募金もしてない。

アフリカの布は好きだけど、テレビで見たそれを纏っていた痩せた人達の姿を思い出す。


別に、偽善とか、そういうんじゃなくて、




私が日本でジャンベを叩く事とアフリカの貧困と人類の母はアフリカで生まれたって事が、


繋がってるのか、何一つ関係ないのか、
単なる感傷なのか、
よく解らないや。


だけど、良く解ってる事もあって、
それは、

ジャンベもアフロ湘南もアフリカの 布も、好きだって事。



チッペンデール


あつい

ここしばらく、コドモパンクスの装飾に使う物を作っていました。
観光地とかにある、顔を出して写真を撮るパネルです。一応コドモパンクは子供によるパンクなので、歴代のパンクスター?(夫のチョイスで)を子供サイズで描きました。
小さいさんが顔出したら可愛らしかったよ。

写真はライトニングボルトのドラムの人。
私の画力じゃ誰が誰やらなので、もちろん名前を明記しました。
で、初めてこの方の名前を知ったわけです。


ブライアン チッペンデール...


可愛くない?



他にも、
ギターウルフのギターの人、
シドとナンシー、
ブルーハーツのひろと、
アリアップ、


のパネルも描いたよ。

後はなんとか上手いこと立たせくては。


そういえば、最近ラジオの子供科学電話相談を聞いているんだけど、
象の鼻って、全部が鼻じゃないんだって。

下半分は上唇が伸びたものなんだって。

先生、

象さん 象さん お鼻と上唇が長いのね


って歌っていたよ。






最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

プロフィール

harunie

Author:harunie
はるにえ工房です。

よろしくお願いします。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。